キーワードを絞り込むことでリスティング広告費用を抑える

PPC Pay Per Click word cloud

キーワードを絞り込むことでリスティング広告の費用を抑えることができます。

このサイトは小さな会社や起業したばかりのオーナーへ向けて、ホームページの集客方法について情報を発信しているサイトです。
 
ホームページで成果をあげるために大切なことは、綺麗なホームページでも、インパクトのある動画でもありません。ホームページで成果をあげるためには、まずあなたのホームページへ来てもらわないことには、お話にならないのです。
 

いくら綺麗なホームページを作っても、いくら内容の濃いコンテンツを作っても、お客さんに見てもらえないことには、ホームページから成果は上がらないのです。
 

ホームページへ集客できて、ホームページを見ていただいて、はじめてそのホームページが成果をあげることができるサイトなのかどうか、判断することができるのです。
 

小さな会社や起業したての会社は、まずあなたの会社の名前は知りません。あなたの会社のサービスや商品の名前も知りません。
 

つまりあなたの会社の名前や商品の名前で検索で1位になっても意味はないのです。だって誰もそのような名前を知らないんですから。
 
 

ホームページへ一番早く集客する方法はリスティング広告

誰も知らないあなたのホームページへ集客しなければなりません。あなたのホームページへ一番早く集客する方法は、リスティング広告を出稿することです。リスティング広告は1クリックごとに支払いが発生するのでPPC広告とも言われます。PPCとはPay Per Clickの略称です。

 

言葉どおり、1クリックごとに広告料を支払うということです。
 

1クリックごとに広告料を支払うなんてとんでもない
 

そのように思われる方が多いかもしれませんが、大丈夫です。それほどあなたの会社のホームページの広告をクリックする人はいません。別に馬鹿にしているわけではありません。少ないクリック数でもあなたのホームページへ集客できるようなキーワードを選べば良いのです。リスティング広告(PPC広告)ではそれが可能なんです。
 

リスティング広告は広告する相手を選ぶことができるんです。
 
 

リスティング広告で広告費用を抑えるためにキーワードを絞り込む

リスティング広告は広告する対象を絞り込むことが可能です。広告する対象を絞り込むことでクリック数を抑えながらも、広告の成果を高めることが可能です。キーワードを絞り込むということは、広告する対象を絞り込むということです。
 

広告する対象を絞り込むことは、少ないクリックでも成果をあげることが可能なんです。
 

一般的にインタネットの世界では100クリックすれば1件のなんらかの反応があるとされています。ということは1クリック30円で出稿していれば、3000円の広告費で資料請求やサンプルの請求、あるいは商品の購入といった成果をあげることができるということです。
 

ですがこの100クリックに1回の成果を30クリックで1回の成果をあげることができるとすれば、900円でなんらかの成果をあげるということです。
 

私の経験でいえば、キーワードを絞りこみ、濃い見込み客を集めることができれば、30クリックでなんらかの成果をあげることは十分に可能な数字です。場合によっては10クリックでも可能な場合があります。
 

次回、もう少しキーワードを絞り込むことについて説明したいと思います。
続きます。
 

あわせてお読み下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトのWPテーマ

WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」

女性ブログにおすすめ

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ニュースサイトを作るなら

WordPressテーマ「Opinion (tcd018)」 
ページ上部へ戻る
基礎化粧品