ホームページが圏外へ飛ばされたら何をすればいいか

びっくりお目目の女の子

アフィリエイトで収入を上げているサイトが100位圏外へ飛ばされてしまいました。

私がアフィリエイトで収入をあげているサイトはいくつかあるのですが、その中の8割ほどがグーグルによって100位圏外へ飛ばされてしまいました。
 
 
残り2割は残っていますし、アフィリ収入の8割くらいは残った2割のサイトが挙げているので、大きく収入がダウンするということではないのですが、もし残っている2割のサイトが圏外へ飛ばされると、収入はほとんどゼロになってしまうという、大変な状況です。これがあるからアフィリエイトは怖いんです。
 
 
他の方の情報では、この動きは2月の中旬から始まているという情報は得ていたのですが、4月のこの時点で自分のところへ来るとは思いませんでした。
 
 
何度となくこちらで紹介させて頂いた、私の債務整理体験を紹介したサイトも飛ばされてしまいました。こちらのサイトのアフィリ収入は、申し込み数に対して確定率が恐ろしく低いので、月の売り上げとしたら数万円ですが、それでも全く無管理で毎月数万円挙げてくれていたサイトが飛ばされてしまうと、さすがにちょっとショックです。
 
 
また、この数か月育てて来たこちらの「コスメモニタ―広場」というサイトも飛ばされてしまいました。約3か月くらい掛けて、ようやくアクセス数も上がりだしたので、「そろそろ成約するためのページを作ろうかな~」と思っていた矢先の出来事です。

こんな感じです。3月27日くらいに何かあったようです。↓↓↓

 
 
さてどうしたものか。
 
 
落ち込んでいても仕方がないので、「これはネットでの集客方法を紹介する上で、大変良い材料なのではないか」そのように考えることにしました。
 
 
坂本さんと相談しながら、「アフィリエイトを題材にネットでの集客方法」について情報を発信するといって、今回が7回目の投稿になりますが、実際に私がどのように考えて、圏外に飛ばされたサイトへ集客をしていくかというのは、生の情報をご覧いただけるのではと思ったわけです。
 
 

集客について情報を発信する前に、なぜサイトが飛ばされたか考えてみました

集客方法について説明する前に、サイトがなぜ飛ばされたかについて考えてみました。
 
 
グーグルがスパム判定する基準として、広く言われているのは概ね次の点と言われています。
 

「実質のないコンテンツ」
「過剰なアフィリエイトサイト」
「低品質なサイト」
「不自然なSEO対策をしているサイト」
「ほかの場所でも手に入るコンテンツを紹介している類似サイト」
「コンテンツの無いアフィリエイトサイト」
「ユーザーに付加価値をほとんど提供しない質の低いページ」
 
 

などなど、いろいろな人がいろんな発言をしているので、正直本当のところはなかなわかりにくいのですが、ですが一応これらのことは気をつけていたつもりなんですが、それでも飛ばされてしまったわけです。
 
 
敢えて挙げるとすれば、「債務整理体験サイト」は、実は同じようなサイトをもう一つ作っていました。記事が重ならいないようにはしていたのですが、どうしたって同一人物が記事を書くのですから、類似サイトという判断をされたかもしれません。ほかには思い当たらないのですが・・・。他のサイトからコピペをしたわけでもないし、SEO対策なんて殆どやってないし、アフィリリンクも左程張ってないし、記事の独自性はあるし・・・。と思うのですがね。
 
 
もう一つの「コスメモニター広場」ですが、こちらについてはアフィリリンクが多すぎたのかもしれません。様々なコスメ商品を紹介していますから、すべてがアフィリリンクになっていますから。
 
 
その他の原因は思いつかないですね。コスメモニターさんへそれぞれ生の体験を書いて頂いていて記事の独自性も担保できているし、「こんなサイトが欲しいかったんです」という読者さんも居て、読者への役立つ情報もきちんと発信できていると思うのですが・・・。
 
 
アフィリはコツをつかめば非常に素晴らしいビジネスモデルだと私は思っていますが、唯一の欠点は「Googleのやりたい放題」という点だと言えるでしょう。根本的なところがGoogleに抑えらえれているというのが、唯一ですが最大の欠点ですね。
 
 

私がこれからしようと思っていること

インターネットで集客する方法は大きく5つくらいに分けられるかと思います。
 

➀SEO対策を施し上位表示させて集客する
➁インターネット広告を出す
➂SNSで集客する
➃メルマガで集客する
➄ブログのコメント回りで集客する
 
他にもあるかもしれませんが、大体こんなものかと思います。
 
 
私がずっと集客してきた方法は➀の「SEO対策をし上位表示させて集客する」という方法です。ですが厳密にいえばSEO対策に血眼になったわけではありません。私が行ったSEO対策は、あくまで「キーワードのブレイクダウンによって、SEO対策をしないで済む集客法」です。「ロングテイル」と言われたりもしますが、人とは少し違うあまりライバルがいないキーワードで集客していたわけです。
 
 
この集客方法をしているとわかりますが、サイトが上位表示されるイメージはこんなイメージです。↓↓↓

どういうことかというと、一つの突出したキーワードがあり、そのキーワードが利用者のニーズとマッチしていて、読者の滞在時間が長い状態にあれば、他の類似キーワードもそれに引っ張られるようにして上がっていき、そのキーワードとは関係のないキーワードも上がっているというイメージです。そしてこの状態になればそうそう順位が下がるわけではありません。(と、今回のことが起きるまでは自信を持っていました。)
 
 

私はキーワードのブレイクダウンをしながら、このような集客方法をしていたわけです。だから特にSEO対策をしているわけではありません。
 
 
ただこの方法の欠点は、サイトがインデックスされて読者が付いてくれるまで、それなりに時間がかかるということです。
 
 
そこで今回は即効性のある、インターネット広告を出すことにしました。インターネット広告であれば、広告を出した次の日には上位表示が可能になります。インターネット広告の広告費はどのくらいかかるのか?インターネット広告に出すとどうなるか?本当に集客できるのか?成果が上がるのか?そのあたりの様子については、次週報告できると思います。
 
 
今日もお読み頂きありがとうございました。

この記事についてのお問い合わせやご意見はこちらからどうぞ。↓↓↓

あわせてお読み下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトのWPテーマ

WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」

女性ブログにおすすめ

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ニュースサイトを作るなら

WordPressテーマ「Opinion (tcd018)」 
ページ上部へ戻る
基礎化粧品