ホームページで集客するために必要なこと

起業の時のホームページの集客方法

起業の時のホームページの集客方法についての情報を発信しています。
 
 

起業の時ホームページで集客するために必要なこと

起業の時の、ホームページの集客方法について必要なことは、とにかく利用者にとって役に立つサイトを作ることです。

「せっかく起業したのだから」と言って、自分の思いばかりをサイトで公開しても、利用者は誰もホームページの集客に応じてはくれません。

2012年はペンギンとパンダが大きくクローズアップされた年でした。

「ペンギンとパンダ?」

ホームページでの集客法法について、あまり興味のない方にとっては、何のことか全く理解のできないことかもしれません。
 
 
2012年はインターネットでの集客方法を考えているものにとっては、「ペンギンとパンダ」によって、大いに悩まされた年であったのです。
 
 

2012年のペンギンとパンダ

2012年はペンギンとパンダに頭を悩まされた年でした。ペンギンとパンダは、正式には
ペンギンアップデート パンダアップデートと言います。
 
 

これらの二つはGoogleが「Googleのガイドラインに違反して故意に順位上昇させようとしているサイトの排除を目的とした新しいアルゴリズム」のことです。
 
 

白黒はっきりさせるという意味で「ペンギンアップデート」と「パンダアップデート」と言われました。
 
 

厳密に言えばおのおのそれぞれ違いがあるのですが、簡単に言えば、不自然なSEO対策を行っているサイトに対して、Googleは「検索順位を下げる」とし実際にいくつものサイトを100位ランク圏外へ吹っ飛ばしたのです。
 
 
 
 

ペンギンとパンダがもたらしたもの

ペンギンアップデートやパンダアップデートがもたらしたものは、サイトは故意に上げるべきものではなく、本当に有益なものを上位に表示されるべきであるというgoogleの考え方を明確にしたものです。
 
 
私はいくつもクライアントとの連携サイトを運営していますが、パンダやペンギンの影響を受けたサイトは、ほんの僅かでした。
 
 
つまり、過度なSEO対策を施さなくても、キーワードの選び方を絞り込むことで、検索で上位に表示されるし、ホームページの集客もできるということです。
 
 
私が連携しているサイトは、自分なりに商品を試し、本当に役に立つと思った商品についてのみ連携し、販売の協力をさせていただいています。
 
 
自分なりに商品を試し、客観的に良いところ悪いところなどの、情報を発信しています。決して格好の良いサイトではありません。それでも、ユーザーは訪問をしてくれ、一度訪問して頂いたユーザーは、リピートをしてくれています。
 
 
ユーザーにとって大切なサイトとは、有益な情報を入手できるサイトです。
 
 
言い換えれば、ユーザーへ有益な情報を発信することでで、訪問客は増え、潜在顧客を増加させることができるのです。
 
 
あなたのホームページは単に会社の技術やサービスの紹介だけになっていませんか?大切なことは、あなたの会社のホームページが
有益な情報をユーザーへ与えているか?
ということです。
 
 
有益な情報を与えることこそがホームページ 集客方法の基本です。

 

あわせてお読み下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトのWPテーマ

WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」

女性ブログにおすすめ

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ニュースサイトを作るなら

WordPressテーマ「Opinion (tcd018)」 
ページ上部へ戻る
基礎化粧品