ホームページはあくまで新規顧客集客の窓口として利用

ホームページは集客のきっかけ。一番早く上位表示するのはPPC

ホームページは上手に使えば新規顧客を集客する窓口となります。
ホームページを新規顧客の窓口として利用するためには
検索順位をあげるか、広告費用を支払って上位表示させるかの
二通りが考えられるでしょう。
 

小さな会社や起業したての会社がホームページを上位表示させて
新規の顧客を集客するためにもっとも効果的なのは
私はPPC広告をおすすめします。
 

検索順位をあげるためにはSEO対策という方法が必要になりますが
これはなかなか厄介です。
 

またSEO対策を外注業者へ依頼するとしても
莫大な費用がかかります。
 

また以前ほどSEO業者が行うSEO対策が
以前ほど効果を発揮することができないで
SEO対策業者もつぎつぎと別の事業へ移動しているという評判も聞きます。
 

そのようなSEOというGoogleの身勝手に振り回されるのであれば
私はさっさとPPCで広告費用を払って上位表示させてしまったほうが
よっぽど安心だし、確実だと思います。
しかもSEO対策業者へ支払う費用よりもはるかに安く抑えることができます。

PPC広告についての関連記事はこちら⇒クリック

 
 

既存の顧客は御社のホームページは見ない

さて今日は既存の顧客は御社のホームページを検索しないという事実についてお話をしたいと思います。
 

なぜならホームページを利用する人は
なんらかの問題や調べたいことがあって検索をしている人が殆どだからです。
 

例えば無農薬の格安の野菜が欲しいと思ってホームページを閲覧している人が居るとしましょう。

 

検索するキーワードは「無農薬野菜 格安」とか「格安 無農薬野菜」「有機野菜 格安」などといったキーワードになると思われます。そのようにして無農薬の格安野菜を探していた利用者が、あなたのサイトへたどり着いたとしましょう。
 

そしてあなたのサイトで紹介している無農薬野菜の情報が気に入って、資料請求やお試しセットを依頼したとしましょう。
 

そしてお試しセットを試してみて、あなたのサイトの常連のお客になったとしましょう。
 

そうすれば、ホームページの役割は一旦終了です。
 

その後はあなたはその常連さんへメールマガジンを送ったり、ちらしを送ったりしながら、その常連さんとのコンタクトを常にとっておくことが、メインの仕事になります。
 

確かにホームページを更新しながら、新しい情報を入れていくことは必要でしょう。
ですがその時点で、その常連のお客様はあなたのホームページを知っているのですから
ブックマークへ登録しておくか、御社の屋号で検索するわけです。
 

ホームページの集客の基本である、安い無農薬野菜を探すためにキーワードで検索してあなたのサイトを探すことはないのです。
 

このように考えてくれば、ホームページのつくり方も見えてきます。
 
大きな会社のように既に多くの顧客を持っていて
それらの顧客へ対する新しい情報の発信や新サービスの紹介をしていくためのホームページで集客するのではないのです。
 
あなたは起業したばかり、小さな会社を運営しはじめたばかりです。
 
その状態ではホームページは新規顧客を集客するための
窓口としての機能を大いに発揮させるための作り方がホームページの集客方法の基本です。 
 
次の記事⇒まずはホームページの集客を考えるべき

あわせてお読み下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトのWPテーマ

WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」

女性ブログにおすすめ

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ニュースサイトを作るなら

WordPressテーマ「Opinion (tcd018)」 
ページ上部へ戻る
基礎化粧品