ホームページ初心者へ送るホームページ集客方法のバリエーション

SEO positive red arrow

ホームページで集客する方法のバリエーションと特徴を知っていますか?

「ホームページで集客したい」「ホームページを作ったけど目に見えて効果があがらない」「あれほどお金を掛けたのになぜ」そのように思っている中小企業の経営者の皆様は多いのはないでしょうか?
 
 
ですが一方では「ホームページを作って毎日お客さんから問い合わせが来る」「ホームページの集客方法に成功して年商が5000万円になった」そのような声を聞くのも確かなのです。
 
 
一方ではホームページの集客方法に成功していて、同じようにこちらもやっているのに、ホームページの集客方法でうまくいかない。なぜそのようなことが起こるのでしょう。
 
 

その原因について考えてみましょう。

 
 

ホームページ集客方法のバリエーション

ホームページの集客方法について考える前に、どのようなホームページの集客方法があって、どのような特徴があるのか解説します。
 
 

SEO(検索エンジン対策)によるホームページ集客方法
ホームページの集客方法の中でもっとも一般的な方法です。SEO(Search Engine Optimization)とは検索エンジンの最適化ということで、SEO対策を最適に行うことで、検索エンジンで上位に表示することができます。上位表示をすれば、多くの人が集まり、それだけ多くの方にホームページを見てもらうことができます。見てもらう機会が増えれば、それだけビジネスチャンスが増えることになります。
 
 


 
 

ですがこのSEO対策は簡単にはいかないのが実情です。なぜなら売り上げがあがるキーワードは、ニッチな市場で無い限り、大手企業が既に強力なSEO対策を、莫大な金額をかけて施しているからです。
 
 

大手企業は莫大なお金SEO対策の専門会社へ支払い、狙ったキーワードで検索の上位表示を独占しています。そのようなところへ、これから新しくホームページを作成した会社が簡単なSEO対策を施して、ホームページの集客方法をしようとしても、なかなかうまくいかないのが現実です。
 
 

ですが、せめて御社名で検索したときくらいは上位表示しなければ、得意先に対しても、あまり格好のいいものではありません。名刺を交換して帰社した際に、間違いな顧客は御社名で、御社のホームページを検索するでしょう。そのためにもSEO対策の基本については、知っておく必要があるでしょう。
⇒SEO対策の基本はこちら
 
 
 

リスティング広告(ppc広告)によるホームページ集客方法
リスティング広告は、あるキーワードで検索上位に表示するために、そのキーワードをお金で買うことです。お金で狙ったキーワードを上位表示する権利を入札し、高い入札額をつけた会社が、そのキーワードで上位表示されることになります。クリックごとに費用を支払うのでPPC広告(pay per click広告)と言ったりもします。


 
 

リスティング広告の最大の強みは、SEOに関係なく上位表示が可能であるということです。検索エンジンのアルゴリズムの変動に関係なく、安定して上位表示できることです。上位表示を入札で買うなんて聞くと、ずいぶんと広告費がかかることを想像しますが、実際にはそれほどでもありません。
 
 

リスティング広告のデメリットは、クリック毎に費用が発生するということです。クリックして誘導した先のホームページが稚拙なホームページでは、クリックばかり増えて、成果に結びつかないということになりかねません。 
 
リスティング広告について、くわしくはこちら
 
 

ブログによるホームページ集客方法
ブログの集客方法とホームページ 集客方法一見似ていますが、次の点で大きく異なります。
 
 

ブログはコメントやトラックバックでリンクをもらいやすい。
ブログは相互リンクをしてもらいやすい
ブログも良質な記事を作成していれば、検索エンジンでも上位表示することができ、集客もできる。
 
 

ブログを頻繁に更新し、メインのサイトへリンクを張ることで、メインサイトは良質なバックリンクを持つことになります。
 
 

ブログはキャッシュしやすく(インターネットの検索エンジンに見つけられやすく)良いことずくめなような気がしますが、必ずしもそればかりではありません。
 
 

ブログはあくまで「日記」という扱いですから、頻繁な更新が前提です。一度上位に表示されたからといって、安心して放置しておくと、次第に順位が下がっていきます。また読者がためになる記事、あるいは面白い記事を更新しなければ、読者も次第に減って行きます。読者が次第に減っていくということは、そのブログはあまり価値のないものと検索エンジンが評価し、順位が下がっていくことになります。
 
 
メールマガジンのホームページ集客方法
メールマガジンの集客方法は、あくまでホームページ 集客方法と連動して考えるべきでしょう。
 
 
名刺を交換したからといって、いきなりメルマガを送りつけても、顧客はびっくるしたり、場合によっては迷惑がったりすることでしょう。メルマガの強みは、新しいお客さんをつれてくることではありません。すでにそのサイトで自ら商品を購入したり、資料請求をしたお客様に対して、再度ホームページへ訪問して頂くために、メルマガは発行すべきでしょう。
 
 
通常の営業で、何度もちらしを配ったりするのと違い、メルマガの発行には基本的には左程費用はかかりません。

一度商品を購入して下さったお客さんに、「常にお客様のことを気に掛けているんですよ」といった意味合いでメルマガを送りましょう。そうすることで、お客さんが離れていくのを防ぐことができます。
 
 

あわせてお読み下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近のおすすめ記事

鍵

PPC広告 キーワードの選び方

当サイトのWPテーマ

WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」

女性ブログにおすすめ

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ニュースサイトを作るなら

WordPressテーマ「Opinion (tcd018)」 
ページ上部へ戻る
基礎化粧品