ランクダウンしたサイトが急上昇

business graph in blue

こちらのブログでは、『アフィリエイトの仕組みを使って、ビジネスの集客に繋げる』をテーマに、私が行っているアフィリエイトの方法を紹介しながら、ネットを使ったビジネスの集客について情報を紹介しています。
 
 
世の中GWの真っただ中だから、あまり見て下さる方もいないかな~と思いながらも、週一回紹介しますと宣言してしまっていますので、頑張って更新をしています。
 
  
 
最近あたらしくランドクリエイト様の会員になられた方もいらっしゃると思いますので
一応バックナンバーを紹介しておきます。
 
第十回:圏外へ飛ばされてしまったサイトの対策
第九回:ホームページが圏外へ飛ばされたら何をすればいいか
第八回:体験型マーケティングを実現するためのキーワードのブレイクダウンについて
第七回:成功体験の紹介ができない場合、どのようにして成約に結び付けるか。
第六回:アフィリエイトで収益をあげるための商品の選び方
第五回:自己アフィリエイトで稼いだお金の使い方
第四回:自己アフィリの方法
第三回:アフィリエイトを始める準備
第二回:アフィリエイトをするときに私が常に心がけていること
第一回:小さな会社のオーナーはアフィリエイトの手法を学ぶことで集客を伸ばすことができます。
 
 

ランクが戻ってきました。

今回リスティングに出稿することにしたのは、それまで上位表示されていたキーワードが100位圏外へいきなりランクダウンさせられて、アクセスが全くなくなったためですが、そのランクが戻ってきました。
 
  
普通はあり得ないことです。一般にはスパム判定された場合、3か月は戻ってくることはないとされています。どうやらスパム判定されたのではなかったようです。
 
 
googleの公式サイトからスパムについての情報を引用します。( http://www.google.co.jp/intl/j……am.html)
 
 
googleのスパム判定とは、「キーワードを何度も繰り返したり、PageRank を転送するリンクを購入したり、隠しテキストを画面に埋め込んだりするなどの手法を使って、何とか検索結果の上位に入ろうとする。」このような不正に上位表示させようとする行為に対して、googleがペナルティーを与えるものです。
 
 
また不正な上位表示に対することだけではなく、「付加価値がほとんどまたはまったくない、実質のないコンテンツサイトは、ユーザーに付加価値をほとんど提供しない質の低いまたは中身の乏しいページ(実質のないアフィリエイト ページ、誘導ページ、個性のない大量生産サイト、自動生成コンテンツ、コピーされたコンテンツなど」についても厳しいペナルティーが与えられて、圏外へ飛ばされることになっています。
 
 
googleは「アフィリエイトサイトについて、大々的に取り締まる。」と言っていますから、これに抵触したのかと思っていたわけです。
 
 

自分のサイトのスパム判定を確認できるGoogleのツール

今までは自分のサイトがスパム扱いされたのかどうか、明確に判断する方法はなかったのですが、2013年の8月からユーザーは手動でサイトがスパム扱いされているかどうか判断できるツールを提供しているということです。 
 
 
このツールはgoogleのウェブマスターツールの画面から確認することができます。ウェブマスターツール画面のメニュー[検索トラフィック]→[手動による対策]から参照することができて、「手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。」というメッセージが表示されていれば問題はないということなんですね。( http://googlewebmastercentral-……er.html)
 
 

さっそく自分のサイトで確認してみました。そうするとどのサイトもスパム判定されていたわけではなかったのです。

 
 
スパム判定されたのではないのであれば、何か方策はないかと思い、いろいろな人に問い合わせたところ、『いろいろ言われますが、やはりバックリンクは大切なんですよ』というアドバイスを頂きました。
 
 

バックリンクはSEO上効果的?

私は今までバックリンクというもの行ったことがありませんでした。バックリンクとは他のサイトからのリンクをもらうことです。レベルの高いサイトからバックリンクをもらえるとSEO上効果が高いとされます。
 
 
このバックリンクを過剰に行い、質の無いサイトを無理やり向上させたりする手法について、googleはスパムだとしている方法です。
  
 
私のサイトで一番収益をあげているサイトは、このようなバックリンクは全く行っていません。それでも様々なキーワードで上位表示されているので、「そんなにバックリンクって大切なのかな~?」というのが今までの感想だったのです。
 
  
ですが、今回のアドバイスでは『しっかりした内部リンクのあるサイトであれば、バックリンクは有効ですよ』というアドバイスを頂いたので、過剰にならない範囲でバックリンクを行うことにしたのです。
 
 
通常はいろいろなブログやHPを訪問して、そのサイトの管理者へ「相互リンクをお願いします。」と挨拶をして回るのですが、『面倒くさいな~』というのが私の正直な感想でした。
 
 
『バックリンクは有効ですよ』というアドバイスをくれた人は、ある大手のASPの担当者なのですが、その方がいうには『別にコメント回りしなくても、自作でも効果はありますよ』ということでした。
 
 
そこで、自分でいくつか無料ブログを作成してリンクをはってみたのです。そうすると↓↓↓(クリックすると画像が拡大します)

 
 
キーワードが上昇すれば、当然アクセスも増えます。

 
 
ちょっと自作自演のバックリンクを張っただけで、こんなにランクが急上昇するものなのか、という点については、我ながら甚だ疑わしい部分はあります。
 
 
通常バックリンクは少しずつ張ることによって、少しずつサイトの順位が上がっていくとされています。こんなに急上昇することは本来あり得ないものです。
 
 
ですが、同時期に同じようにコンテンツが充実しているにも関わらず順位を急激に下げられた他のサイトは順位の回復はしていないのです。今回上がったサイトとランクが下がったままのサイトとの違いは、自作自演のバックリンクを張った張っていないかという違いだけなのです。
 
 
いずれにしましても、当面は要観察ということで、またしばらくしてから経過は紹介したいと思います。他の下がったままのサイトについても、バックリンクを張ってみて、どのようになるのか観察して報告させて頂きます。
 
 

ところでリスティングはどうなった?

先週からリスティングに出稿もしているのですが、こちらは今回報告する内容がありません。
 

私が使っているリスティング広告はYAHOOリスティング広告なのですが、実は出稿した方法がまずかったようでyahooから「この広告は出稿を承認できません」と連絡が入り、現在再申請して出稿できるように準備中なのです。こちちらは出稿するガイドラインに抵触しているとのことです。

 
 
こちらも合わせて、次回結果報告ができればと思います。
 
 
今日はここまでです。それでは良いGWをお過ごしください。
 
 
※私ごとで恐縮ですが、来週(5月4日)は家内と温泉旅行へ行きますので、お休みさせて頂きます。

 

この記事についてのお問い合わせやご意見はこちらからどうぞ。↓↓↓

 
 
 

 

あわせてお読み下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近のおすすめ記事

鍵

PPC広告 キーワードの選び方

当サイトのWPテーマ

WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」

女性ブログにおすすめ

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ニュースサイトを作るなら

WordPressテーマ「Opinion (tcd018)」 
ページ上部へ戻る
基礎化粧品