リスティング広告とは

PPC Pay Per Click word cloud

リスティング広告(PPC広告)講座をはじめます

ホームページの集客を考える上で、一番効果が高いのはリスティング広告(PPC広告)を出すことです。

 
 

リスティング広告(PPC広告)は、まだまだ一般的なものとはなっていません。中小の企業にとっては、ホームページを作ることですら、大変なことだと考えている部分が多いと思います。
 
 

実際に私も零細企業の代表をしていたときに、ホームページの大切さを全く認識していませんでした。あの頃、ホームページでの集客といったことについてもっと勉強していたらという思いが今でもあります。
 
 

そんな反省も踏まえて、集客に困っている中小の経営者の皆様へどのようにするとホームページで集客を行うことができて、売り上げを伸ばすことにつなげることができるのか、その仕組みについて紹介をしていきます。br />
 

リスティング広告(PPC広告)とは

リスティング広告(PPC広告)とは、検索エンジン(yahoo google)などで検索した結果、画面の上部ならびに左列に表示されるテキスト広告のことをいいます。インターネットで検索をする際に、検索ワードを入力して何かの調べものをすると思いますが、そのときに画面の一番上や左列の目立つところに表示されるのがリスティング広告(PPC広告)です。

 
 

インターネットで検索さした結果が上位に行って欲しいと願うのが一般的な考え方ですが、リスティング広告(PPC広告)は、その思いを簡単に実現するものです。各企業が検索して欲しいキーワードを入札して購入することで、簡単に上位表示することが可能になります。

 
 

リスティング広告(PPC広告)の集客事例

リスティング広告(PPC広告)の効果がどのくらいあるのか、その事例をご紹介したいと思います。こちらの事例は私が販売協力をしている商品のアクセス数をグラフにしたものです。普通はリスティング広告(PPC広告)で出稿することでグラフの左側のアクセスがあるサイトのリスティング広告(PPC広告)を一時的にとめたものです。
 
 

 
 

 
 
再度リスティング広告(PPC広告)を再開したものです。
当然ながらアクセスは戻ってきます。↓↓↓

 
 
月間で4000人ほどの集客ですから、大きな数ではありませんが
それまでリスティング広告(PPC広告)を出稿するまでは、全く「ホームページを見たのですが・・・」という問い合わせなど全くなかったものが、数十箇所からの「ホームページを見た」と問い合わせの電話やメールをいただけるようになっています。
 
 
ホームページでの集客方法に悩んでいる中小企業の経営者の方々は、リスティング広告(PPC広告)の出稿を考えるべきです。
 
 
上記で紹介した商材のリスティング広告(PPC広告)に掛かっている広告費なんてほんの数万円程度です。
 
 

>>リスティング広告(PPC広告)無料講座へもどる

 
 

あわせてお読み下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトのWPテーマ

WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」

女性ブログにおすすめ

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ニュースサイトを作るなら

WordPressテーマ「Opinion (tcd018)」 
ページ上部へ戻る
基礎化粧品