リスティング広告費用を抑える方法

リスティング広告の費用を抑える方法

ホームページの集客方法で一番早くお客を集客できるのは、リスティング広告に出稿することです。とにかく一度集客してホームページを見てもらわないことには、対策のたてようがありません。
 

あなたのホームページが成果が上がらないのは、何に問題があるのか、早いうちにリスティング広告で集客を行い、読者の反応を見るべきです。起業したての頃は、ある程度の資金は潤沢なはずです。起業するときは融資も受けやすいし、ある程度の資金をもって独立起業した方が多いと思います。
 

資金がある程度潤沢なうちに、ホームページでの集客を行ってみて、ホームページの改善を行い、ホームページを優秀な営業マンへと育てるべきです。
 

リスティング広告に出稿するためには、さほど難しい内容のサイトを作る必要がありません。あなたの会社のサービスや商品について徹底的に見直して、あなたの会社のサービスや商品の特徴は何にあるのかを、画像やわかりやすい文章で紹介するだけでよいです。
 

何十ページもある複雑なページを作る必要はありません。
 

ホームページを見た人は3秒で、そのホームページが読者の探している情報にあったものかどうか判断するといいます。つまり、複雑で子難しい内容を表現しても、ホームページを見た人は理解できないのです。
 

さて、今日はリスティング広告で広告単価を抑える方法について紹介します。
 

リスティング広告で広告費用を抑えるのはキーワードの選びかた

このサイトでは何度か紹介していますが、リスティング広告で広告費用を抑えるのはどのようなキーワードを選ぶかです。
 

このキーワード選びを正しく行うことで、広告費用を抑えながら、ホームページの集客効果を十分に発揮することができます。
 

例えばあなたが無農薬の野菜セットをネットで販売したいとしましょう。
 

普通に考えると「野菜セット」「無農薬野菜セット」「おいしい野菜」「安全な野菜」などのキーワードが思いつくのではないかと思います。あるいは「○○が作った野菜」といった生産者の名前を選ぶ方もいらっしゃるかもしれません。
 

ですがこれらのキーワードは全部駄目です。広告費用を安く抑えることはできませんし、成果をあげることも難しいでしょう。
 

なぜなら対象が広すぎるからです。広告費用を抑えるキーワードの選び方は、
買いたい人へ広告をするということです。
 

このあたりが一般のCMやちらしと異なる点です。CMやちらしは買いたい人へ広告をするわけではありません。CMやちらしが購入者を選ぶことなんて不可能です。ですがリスティング広告はそれができるんです。
 

大切だからもう一度いいます。
リスティング広告は購入者を選んで広告をすることができる
 

そうです。リスティング広告と従来のCMとの違いは、広告をする対象を選ぶことができるということです。リスティング広告は広告の対象を販売者が選ぶことができる。
 

つまり買いたい人だけに広告をすることができるから、広告費用を抑えることが可能になるのです。
 

次回広告の対象を選ぶとはどういうことが、もう少し具体的に説明したいと思います。
 

あわせてお読み下さい

    None Found

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトのWPテーマ

WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」

女性ブログにおすすめ

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ニュースサイトを作るなら

WordPressテーマ「Opinion (tcd018)」 
ページ上部へ戻る
基礎化粧品