効果的なバックリンクの付け方について

今日は最近私が加入したアフィリエイト塾で教えている内容についてシェアしたいと思います。
 
 
その前に、男性の読者には癒される動画を一つ。
 
 
最後、きっと笑いますよ。

最近二つの塾に入りました。

さて、今日の本題です。実は私、最近二つのアフィリエイト塾に入りました。一つはAMCという塾。こちらはCatch the Webが運営している塾です。
http://www.catch-the-web.com
もう一つはもう少し小さな塾です。
 
 
どちらも10万円ずつくらいですので、やたら高額塾が乱立する中で、左程高くはなく、実績のある塾です。
 
 
で、その塾で教えている内容について、少しシェアしたいと思います。
 
 

Googleのわがままに、ちょっと疲れ気味のこのごろ

私が塾に入ったのは、最近のSEO対策に、ほとほと嫌気がさしたことが理由の一つにあります。Googleの言いなりで、あがったりさがったり、6月中はアフィリサイトを中心にやられたって方が多かったようですね。
 
 
私の場合、結構一つのサイトを作りこみ、できるだけ自分が体験したり、調べたりした内容について、役に立つ情報を発信しようと思い、300ページとか500ページとかあるサイトを作るのですが、それでもいきなり30位も50位も順位が落ちたりするものがあります。
 
 
そうかと思うと、「なんでこのサイトが」と思うようなペラサイトが、検索1位にいたりしますからね。さすがに「一体どうなっているんだ」とちょっと対策につかれたといったところです。
 
 

中にはウエブマスター登録のサイトを一気にやられたりとか、という人もいるようで、以前あるSEOの抗議の中で「ウエブマスターへ登録しては駄目」と抗議された方がいて、「そんなことはないだろう」と登録した人は、随分やられているみたいです。
 
 
実は碌々SEO対策について勉強してこなかったこともあり、「SEOの基本とはなんなんだろう」と思い、最近募集のあった中で、役にたちそうな二つの塾に入ってみたわけです。
 
 

二つの塾で共通に教えていること

二つの塾で共通に教えている内容は、「1サイトごとにドメインを取得して、1ページのサイトを作り、そのサイトへバックリンクを付けなさい。」ということです。小さな塾はともかくとして、Catch the Webのような有名な塾で教えてくることも、ほぼ同じ内容でした。バックリンクの付け方や数量については差があるのですが、主旨は同じです。
 
 
必要なバックリンクの数は半端ではありません。1ページについて10個以上の無料ブログを開設してバックリンクを付けなさいというのです。そして、「一つの無料ブログには、5~10記事を入れなさい」というのが、SEO対策だとしています。
 

更に、「サイトは100サイト作りなさい」ということです。したがって100サイト×10ブログ×5記事~10記事=5000~10,000の記事が必要になるというわけです。
 
 
これだけの作業をしようと思えば、例え1日10ページ記事を作成したとしても、50日から100日かかります。外注しようとすれば、たとえ1記事格安で50円で外注したとしても、25万円~50万円の外注費が掛かる計算になります。
 
 
こんなことが、果たして可能なのでしょうか?
 
 

それでも被リンクの大切さはわかりました。

この二つの塾で教えているのはSEO対策だけではなく、アフィリエイトする商品の選び方や、ランディングページの書き方、商品メーカーのネットセミナーなども行っていますので、これらについてはさすがに学ぶべきところが多いです。
 
 
「こうすればよかったのか」と思う点も、沢山あります。ですが、SEO対策については、「ちょっと無理じゃないの」と思うのが正直なところです。が、再びしかし、やはりSEO対策において、被リンクはやはり大切なようですし、安定して上位表示するためには、良質の被リンクサイトをいろいろと持つことが必要なようです。
 
 

 
 
上の図は、被リンクの付け方について説明をされたものです。
引用もと: http://m-ishikawa.com/blog/201……2/01/1117/
私は今まで、殆ど被リンクについてはつけてきませんでしたので、今後は有用な被リンクを付けることにも少し時間を割きたいと思っています。
 
 

有効な被リンクをとるために早速やってみたこと

自作自演の無料ブログを使って、それをサテライトブログとして、そこから被リンクを付けるのは、それなりにそのブログも育てなければならないだろうと思います。そうでなければ、リンクの効果は殆どないであろうというのが、説得力のある考え方だと思います。
参考記事: http://www.jweb-seo.com/blog/w……/03/29/757
この考え方に、私も同意します。
 
 
被リンクの有効性を全く認識していなかった私にとって、少なくとも「良質な被リンクを獲得しよう」と思えるようになったことは、それだけでも、塾に入った甲斐はあると思います。
 
 
そこでさっそくやったのが、こちらのブログです。⇒脱メタボ!中年男性のための簡単ゆるゆるダイエットレシピ(´∀`というブログです。
 
 
こちらのブログですが、野菜ソムリエの資格をもつ外注さんんへブログを作成して頂いています。3か月くらい小まめに更新をお願いしていますが、殆どアクセスがありません。
 
 
このブログの情報をクックパッドに掲載してみたのです。⇒
http://cookpad.com/kitchen/10097965

 
 
そうしたら、昨日投稿して昨日のうちに16人のアクセスがあったのです。投稿したのは一つのメニューだけです。それがその一つの記事だけで16人のアクセスです。しかも被リンク先とすれば、こんなに有効な被リンク先はありません。
 
 
たった16人?と思われるかもしれません。ですがその日のうちに、アクセスが16人もあるなんて、通常はあり得ないことです。この方法には、すごく可能性を感じています。自作自演のバックリンクサイトも、いくらかは必要かもしれませんが、それよりも、どうやったら有効な被リンク先を得ることができるのか、考えるほうが有効だと思います。

 
 

今日もお読み頂きありがとうございました。バックナンバーはこちら↓↓↓
 
 

第十七回:YouTubeをビジネスで使ってプロモートに成功した事例3っつ
第十六回:動画を簡単に作れるツール 
第十五回:YouTubeを使った動画マーケティングの現状とこれから
第十四回:またまたGoogleが大暴れ
第十三回:イカ釣りをしながら、アフィリエイトについて考えてみた。
第十二回:「ネットで集客するためにはABテストは絶対に行うべき」というセミナーへ行ってきた件
第十一回:ランクダウンしたサイトが急上昇
第十回:圏外へ飛ばされてしまったサイトの対策
第九回:ホームページが圏外へ飛ばされたら何をすればいいか
第八回:体験型マーケティングを実現するためのキーワードのブレイクダウンについて
第七回:成功体験の紹介ができない場合、どのようにして成約に結び付けるか。
第六回:アフィリエイトで収益をあげるための商品の選び方
第五回:自己アフィリエイトで稼いだお金の使い方
第四回:自己アフィリの方法
第三回:アフィリエイトを始める準備
第二回:アフィリエイトをするときに私が常に心がけていること
第一回:小さな会社のオーナーはアフィリエイトの手法を学ぶことで集客を伸ばすことができます。
 

この記事についてのお問い合わせやご意見はこちらからどうぞ。↓↓↓

 
 
 

あわせてお読み下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトのWPテーマ

WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」

女性ブログにおすすめ

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ニュースサイトを作るなら

WordPressテーマ「Opinion (tcd018)」 
ページ上部へ戻る
基礎化粧品