小さな会社や起業したばかりの事業主におすすめのHP作成ツールはHAIK(旧:QHM)

ws000000

HAIK(旧QHM)を使ったホームページ作成を薦めるわけ

ホームページやブログを作成するツールとして、最もポピュラーなのはワードプレス(以下WP)であるが、小さな会社や個人事業主の場合、自らHPをWPで作成しようと思えば、意外に手間がかかる。

 

WPをインストールをして、テーマを当て込むまではそれほどではないが、その後様々なプラグインを入れ込んでいくとなると、小さな会社の社長や個人事業主が、パソコンに向かって一日中インターネットの開設に時間を掛けられないのが、本音だろうと思う。そんな忙しい社長さんや個人事業主が自らサイトを立ち上げようとすると、HAIK(旧QHM)を私はおすすめする。HAIK(旧QHM)はなんと言っても開設が簡単であるし、SEOにも強いからである。

 

このHAIK(旧QHM)であるが、ユーザーはご存じのとおり、運営をしている会社から他の開発者へ譲渡されるというガタガタで、私は今まで紹介するのを控えていた。ところがようやく結論が出て、正しく明日(10月7日)に新しい開発者がメールを通じて、会員に紹介されることになっている。

 

このような連絡が本日メールで届いたため、これからは大手を振って、HAIK(旧QHM)を、今までHPを作ってこれなかった小さな会社の社長さんや個人事業主の方へ宣伝して行こうと思っている。

(ここから届いたメール)

譲渡先について、QHMの譲渡先は、以前からQHMのヘビーユーザーで、Webコンサルタントでもあり、過去に行ったQHMアワード(表彰式)でも、2回も賞を獲得した方です。私たちよりも、QHMの使い方に精通しています。出来上がったWebページを見たとき、「これって、本当にQHM?」と思うことが、多々ありました。そんな「スーパーユーザー」のチームに、引き渡すことにしました。新しくスタートする、QHMは「会員サイト」をゼロから作り直していただきました。QHMをもっと、もっと使いこなすためのサイトとして生まれ変わりました。先にも述べたように、「わざわざ作るなら、あとちょっとだけ」背伸びをして、すごいWebサイトを自由自在に作れるようになってもらえるように、コンテンツを用意しました。おそらく、現役の制作代行業者が、お忍びで殺到するんじゃないか?と思うほどです。彼らが苦労して作っているものを、やすやすと実現するノウハウが凝縮されています。そんな新しい「Web作成ソフト」になったこともあり、ソフトウェア名を変更することになりました。QHM・haik ではなく、大文字の「HAIK」になりました。

 

 

このような動きを受け、当サイトでは、小さな会社や個人事業主の方向けに、HAIK(旧QHM)を利用したHP作成の手順から、HPで集客する方法を紹介することにする。「サイトを作りたいと思っているけどちょっと難しそうだし。」とか「忙しいからそんな時間ないよ」という経営者の方は、是非HAIK(旧QHM)を使ってサイトを作成し運営してみて欲しい。その簡単な操作性とSEO(上位表示すること)の強さで、今まで動きがなかったサイトが、きっと優秀な営業マンに代わるはずである。

 

HAIK(旧QHM)を使ってサイトを作る流れ

HAIK(旧QHM)に限らず、サイトを作り集客するには、一定の流れがある。集客するためには、この一定の流れを愚直に繰り返すだけである。そうすればあなたのサイトへは、今まで思いもよらなかったところから、お客さんから問い合わせが来るようになる。この「繰り返す」という作業を継続するためには、サイトは更新が容易でなければならない。そういった意味で、HAIK(旧QHM)は経営者自らが,ワードやエクセルと同じように簡単に扱うことができるツールなのである。

 

それでは、サイト作成のながれについて説明をする。

 

  1. ネット環境を準備する
  2. レンタルサーバーとドメインを準備する
  3. HAIK(旧QHM)を準備し、2で取得したサーバーとドメインへHAIK(旧QHM)をインストールする。
  4. HAIK(旧QHM)を使ってサイトを作成する
  5. 検索エンジンへ登録する。
  6. ページを更新する。
  7. 関連サイトとのリンク
  8. 無料ブログ(趣味ブログ)や関連サイトの開設
  9. メルマガ発行
  10. キラーページを作成する(LP=ランディングページともいう)

この1~6までの作業を行えば、一応サイトは作成できる。名刺や新聞広告やちらしなどにサイトのURLへ誘導するようにしておけば、とりあえずは、ひととおりサイトは完成ということになる。

 

しかしより強力に集客したいのであれば、更に工夫が必要になる。それが7~10の内項目である。サイトは作っただけで終わりではない。いろいろな関連サイトや関連ブログを作成し、そこからのリンクを貼って、潜在顧客を誘導することが、サイトへ集客するためのキモである。

 

 サイト作成に便利なツール

サイト作成には写真などの画像がどうしても必要になってくる。写真の加工ならフォトショップ、イラストや文字の挿入ならイラストレータというのが定番であるが、お金がかかる。起業した人にとっては、できるだけ支出を抑えたいもの。そんなとき私が使って、ほぼ満足がいく無料ツールを紹介しておきたい。

 

フォトショップの代替

Pixlr editor(ピクセラエディター) は、フォトショップの代替として使い勝手がいい画像編集ソフトである。インターネット上から利用できるクラウド型であり、画面の構成もフォトショップに似ているので使いやすい。機能もフォトショップに近い機能が充実意している。

pixlr-editor

 

 

イラストレータの代替

イラストレータの代替として利用できるのが、Inkscapeである。ベクターイメージを必要とするときに、十分満足できる機能を有している。ただし日本語版では、画像のリサイズやラインの太さを変更したいときに、数値入力ができなくなってしまう場合がある。そのような場合には、環境変数 LANG=en を設定し Inkscape を起動する方法、Inkscape Portable (ポータブル版)を利用する方法で解決することができる。

inkscape

Inkscapeポータブル版にする方法については、こちらのサイトが詳しく書かれているので参考になる。

Inkscape で数値入力ができない問題への対処方法

Inkscape で数値入力ができない問題への対処方法は二つあります.

環境変数 LANG=en を設定し Inkscape を起動する方法
Inkscape Portable (ポータブル版)を利用する方法
ここでは 1) の環境変数を設定する方法を ショートカット(ショートカットファイル)を用いて実現します.

※ 2) のポータブル版を利用する方法でも良いのですが, ポータブル版は通常版よりも起動が重いので リソースが限られる環境では 1) の方法をお勧めします.

Inkscape で数値入力ができない問題への対処方法

エクセルファイルを簡単にHAIKへ貼り付ける

HAIKの中で表を作成するのは意外と大変である。そんなとき、便利なのがWikiサポートアドインというフリーウェアである。Wikiサポートアドインは、Excelの指定範囲をPukiWikiフォーマットの表形式に変換するExcelアドオンのフリーウェアである。PukiWiki上で複雑な表組みをする場合や、表組みが苦手な人は是非おすすめである。

ws000002

Wikiサポートアドインサポートサイト

 

 

 

あわせてお読み下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトのWPテーマ

WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」

女性ブログにおすすめ

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ニュースサイトを作るなら

WordPressテーマ「Opinion (tcd018)」 
ページ上部へ戻る
基礎化粧品