楽天の格安SIMに乗り換えてみた

DSC_0372

楽天の格安simに乗り換えてみた

最近格安SIMというのが話題になりつつある。私も「ネットでなんか格安SIMって出ているな~」というくらいの認識しかなかった。

ところがあるきっかけで、この「格安SIMを買ってみようか」という事態になり、楽天の格安SIMというのに乗り換えることになったので

その体験や導入するときのメリットやデメリットを紹介したいと思う。



 

そもそもSIMカードとは何か

そもそも格安SIMとは何か?正直言って、私もあまり深く調べていなかったので、今更ながら調べてみた。

 

SIMカードとは、携帯電話の契約情報が記録されたICカードのことである。

 

SIMカードを携帯端末に差し込むことで自分の端末を自分の契約で運用することが出来る。端末が壊れたとしても、このSIMカードを別の端末に差し替えることで、自分の契約の情報をそちらの新しい端末で利用することがが簡単に出来るものである。

 

電話やメールなども、このSIMカードが差し込まれている端末で受け取ることができるわけである。docomoならFOMAカード、auならau ICカード、ソフトバンクならSoftBank 3G USIMカードと言われています。

 

格安SIMとはどういうことか

従来このSIMカードは大手キャリア(DoCoMoやAu、ソフトバンクなど)がSIMロックという、各社の回線でしか利用できないようになっていた。

 

ところがこれに対して、格安SIM(格安SIMカード)とは、仮想移動体通信事業者と呼ばれる事業者が、大手通信キャリアに比べて価格を安くして、お客様に提供しているSIMカードのことである。

 

大手家電量販店を訪れると、携帯コーナーの一角に格安SIMがたくさん並んで販売されている場面も、今では見慣れた光景になっているとのことで、流通大手のある会社では、格安SIMと自社調達のスマホをセットにして「格安スマホ」として販売をしたりしている。

 

格安SIMを運営するMVNOについて

MVNOとは、仮想移動体通信事業者のことを言い、例として、NTTコミュニケーションズ、IIJ、日本通信、BIGLOBEあたりがMVNOの大手会社になる。

 

仕組みとしては、大手通信キャリアから回線をまとめて借り受け、それを小口に分けて格安SIMユーザーに提供するというサービスである。つまり、MVNOの「V」は、自社で無線基地局などの通信設備を持たず、大手通信キャリアから回線を借りていることを意味している。

 

これらのMVNOが低い価格で格安SIMサービスを提供できるのかという理由は、端的に言うと

①回線をまとめて借りて

②販売に関わるいろいろなコストを削減した上で

③データ通信量や通信速度を制限しているため

である。そして、MVNO事業者は大手キャリアから回線をレンタルして使用しており、したがって、時間帯によっては思うように通信速度が出ないこともありえる。また、SIMは必要最低限のサポートは用意されているが、大手キャリアほど手厚いサービスは受けられないのが現状である。

 

このようなことをすることによってコスト削減されおり、利用者は格安SIMを使うことができるということである。

 

格安SIMのメリットとデメリットは?

格安SIMのメリットとしてあげられるのは

・月額料金が安くなる。

・プランを柔軟に選べる。

・2年縛りがない。

などがある。

 

一方、デメリットとしてあげられるのは、

・音声通話に対応していないものが多い。

・利用できないキャリア関連サービスが多い。

・クレジットカードが必要な場合が多い。

・キャリアによる端末価格の割引を受けられない。

・テザリングを利用できないケースあり。

・データ通信の制限が厳しい。

・通信速度が遅くなる可能性あり。

ということになる。

 

このように見ると、デメリットが目立ってしまうようであるが、月間の通信費の削減は、これらのデメリットを際し曳いてあまるものでもある。

 

格安SIMを購入する際に注意すること

格安SIM購入に当たって、最初に確認すべき点は通信網である。格安SIMの通信網がLTEなのかWiMAX/WiMAX2+なのか、大きくはこの2つになる。LTEの方がエリアが充実しているが、通信速度はWiMAX/WiMAX2+の方がはやい場合もある。ただし、逆にエリアについては屋内や地下に弱いこともあります。まずは自分が最も使うエリアで使用可能か、これをレンタルなどで確認しておくことが重要である。

 

格安SIMを契約する際の注意点として自分の利用状況を確認しておくことが大切になる。毎月3G、5Gといった上限の契約があったり、WiMAX/WiMAX2+では使いたい放題のプランもある。まずは自分が毎月どの程度利用するか確認することで契約プランが決まって来る。おすすめなのは毎月契約プランがフレキシブルに変更できること、場合によっては2年縛りがない契約もあるので、まずは自分の利用状況をしっかり調べておくと便利である。

 

格安SIM購入に当たって、確認ポイントとして最後は自分の利用する機器の機器のSIMカードのタイプを把握しなければならない。スマートフォンの場合はそもそもがSIMフリーに対応しているかどうか確認することがスタート、次にSIMカードのタイプがSIM、マイクロSIMか、nanoSIMかを確認することが必要になる。そしてタブレット端末など複数機器を利用したい場合、SIMカードの種類が異なる場合もあるので気をつけることが必要になる。SIMカードのタイプで料金が変わることはない。

 

次回、格安SIM提供メーカーの比較と安心できる購入方法について紹介したいと思う。

 

 

 

あわせてお読み下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトのWPテーマ

WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」

女性ブログにおすすめ

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ニュースサイトを作るなら

WordPressテーマ「Opinion (tcd018)」 
ページ上部へ戻る
基礎化粧品