PPC広告 キーワードの選び方

鍵

PPC広告単価を抑えるための、キーワードの選び方

ppc広告を出すための最大のデメリットは、当然広告費用が発生することである。何の考えもなしにキーワードを購入し、広告を出稿していたのでは、 広告費ばかりが掛かるということに成りかねない。このページではPPC広告のキーワード単価を抑えるための、キーワードの選び方について紹介したいと思う。

リスティング広告の公式サイトはこちら⇒ヤフー広告の申し込みの公式サイト



 

御社の商品の特徴を再確認してキーワードを選ぶ

ホームページで集客をするときに、まず行わなければならないのは、 御社の商品やサービスの特徴は何か再確認をするということである。

 

まず御社の商材の特徴を再確認をしキーワードを絞り込みを行い、どのようなお客さんに、御社の商材がアピールできるかを 一生懸命に考える必要がある。ホームページでの集客法の秘訣は お客さんを絞り込んで、そのお客さんへ向けて 手紙を書く感覚で、サイトやブログを作るということである。

 

大切だからもう一度いっておこう。ホームページの集客法の秘訣は 広くお客さんを集めるのではない。お客さんのニーズを分析し、キーワードを絞り込んで そのキーワードで検索してくるお客さんへ向けて 情報を発信することである。

 

御社の会社のサービスなり商品なりの特徴を再確認してキーワードを絞り込むこと。まずそこからスタートである。

 

お客さんのニーズとはずばり「悩み」である。

 

その「悩みキーワードで検索してくれるお客さん」へ手紙を書く感覚。そうすることが、キーワード単価を下げることにつながるのである。

 

商品の特徴を再確認するということは、ターゲットの絞込みができているということである。

 

ターゲットつまりお客様の絞込みが出来ているから、そこではじめてキーワードの選定ができ、そのキーワードに興味のあるお客様を集めることができ、広告単価を下げることが可能になるのである。

 

 

キーワード選びは、御社の会社名や商材名、サービス名を選定することではない。

会社の代表から、「なぜ会社名で一位なのに、インターネットで集客できないんだ!!」と質問を受けることがある。

 

これは実はあたりまえですある。会社を創業したばかりで、御社の社名などだれも知らないし、御社の商品やサービスはあまり知られていない商品やサービスの可能性が高いからである。

 

ホームページの集客法で悩んでいる皆様は、御社の商材でお客さんに来てもらおうと思って、商材名でお客さんも集めようとしていないだろうか。

 

しかし、御社の商品やサービスは世間にあまりまだ知られていない。知られていないから検索されない。その結果ホームページには人は集まらないということである。もし御社の商材が一般の方へ知られているのであれば、その商材のキーワードを入れたホームページを作成しているのであれば、なんらかの反応は必ずあるはずである。

 

会社の名前についても同じである。「会社の名前で検索すると、1ページ目の上のほうに来るのに、反応が無い」と悩んでいる場合も同じである。御社の会社名で検索をしているお客さんは、殆ど居ないのだ。だからホームページへ集客することができないのである。

 

 

キーワード選びはシーンと悩みを解決する行動で考える。

御社の会社名がまだあまり知られていなくて、商品名やサービスの名前をあまり知られていないのに、会社名や商品名で集客しようと考えているから、御社のホームページでは集客をすることが、できないのである。
キーワード選びはお客様がその商材を欲して、どのような悩みを解決したいと思っているかということをメインのキーワードに置き、そのお客さんの悩みを解決する行動を考えると、選定しやすい。

 

男悩み

 

例えば御社が『育毛剤』を販売したいとしよう。その育毛剤の名前を、仮に『pelo』(スペイン語で髪の意味)とした場合に、広告で出すキーワードはどのようなキーワードを選んで出稿するだろうか。

 

一番選びやすいキーワードは「pero」とか「pelo 通販」とか「pelo 販売」、「Pelo 格安」などのキーワードを選ぶだろう。ただ、これらのキーワードで販売当初から、顧客を集めるのは難しいだろう。なぜなら、「pelo」という商品名は、一般的に知られていないからである。

 

「pelo」というキーワードで出稿してもいいとは思う。誰も知らないキーワードだから最低入札価格の1クリック1円とか2円とかでキーワードの購入もできると思う。だが、出稿してもいいが、このキーワードでは、集客はできないと覚悟しておくことである。

 

出稿するキーワード選びは悩みと解決方法で考える

出稿するキーワードの選び方は、お客さんがその育毛剤を必要としているシーンと、その時の行動を想定して、キーワードを選ぶという方法である。育毛剤「pelo」はどのようなシーンが想定されて、そのときの行動はどのような行動が、思いつくだろうか?

 

まず、メインになるキーワードは、殆どの方が思いつくと思いつくと思う。「育毛剤」というキーワードが一般的に思いつきやすいキーワードだと思う。それでは、この「育毛剤」というキーワードで検索する人は、どのような悩みがあって、その悩みを解決するために、どのような行動をとるか、想像できるだろうか?

 

キーワード選びに大切なのは、お客さんの悩みを解決する方法を想像することである。メインのキーワードを選ぶことは、簡単にできる。だが、そのあとのサブキーワードを選ぶ作業というのが、PPC広告へ出稿し、広告倒れにならない為のキーワード選びのコツになるのである。

 

 

PPC広告のキーワードの単価を下げるためには、複合キーワードの選び方が大切

ホームページの集客法のコツはターゲットを絞り込むということである。「インターネットだから広く」と考えやすいがそうではない。ターゲットを絞ったキーワードのほうが上位表示は狙いやすい。

 

メインキーワードとサブキーワードを含めた複合キーワードならば、競合サイトの数も減る。確かに、そのキーワードで検索する人の数も減るが、一般的に広く使われるビッグキーワードで競合が多く、上位表示には高い広告費が必要とされるよりも、複合キーワードでユーザーを絞ったほうがはよほどアクセス数も見込めるし、成約率も上げることができる。

キーワード

 

複合キーワードの選び方

繰り返しになるが、サブキーワードを選ぶときのコツは、ユーザーの立場になって、ユーザーがどのような悩みを持っていて、その悩みを解消するために、どのような行動をとるのか、想像を働かせることである。例えば育毛剤を探している人の行動は、どのような行動が考えられるであろうか?

 

購入に関係するキーワード

最も成約しやすいサブキーワードとは、「購入」という行動に関係するキーワードである。購入に関するキーワードには次のようなキーワードがある。
購入・通販・通販ショップ・販売・送料無料・サンプル・無料サンプル・通販・返金保障・・・
また、自分の住んでいる地域をサブキーワードに入れると、購入率は高いと考えられる。 地域のキーワードも絞ったほうがより成約率はあがるし、キーワードの単価も下げることができる。

 

例えば御社が、歌舞伎町周辺で購入する人へアピールしたいのであれば、東京よりは新宿、新宿よりは歌舞伎町といったふうに、地域を限定したサブキーワードのほうが、購入してもらえる確率は遥かに高くなるし、クリック単価を下げることもできる。

 

情報収集に関係するキーワード

情報収集に関係するキーワードは、購入に関するキーワードほどではないが、サブキーワードとして、忘れてはいけないキーワードである。

 

育毛剤の情報を探している人は、将来的に購入してくれる可能性がある、潜在顧客だからである。これらの潜在顧客へ情報を発信し、御社の商材名を知ってもらうことが、潜在顧客を顕在化させるためには必要となる。情報収集をしているお客さんはどのようなキーワードで検索してくるか、想像してみよう。

 

口コミ・口こみ・ランキング・おすすめ・人気・比較・選び方・くちコミ・クチコミ・評判・ひょうばん・うわさ・体験・効果・効果あり・最強・効く評価・レポート・感想・レビュー

 

などなどが考えられる。また、意外に疑いのキーワードというのも、検索してくる人が多く、疑いのキーワードで検索してくるユーザーというのは、案外と成約率が高かったりする

 

詐欺・ニセモノ・嘘・うそ・副作用・危険・・・

 

今回紹介したキーワードの選び方は、もっとも基本的な複合キーワードの選び方である。つまりはこのキーワードの選び方は、育毛剤を売ろうと思う人は、だれもが行っているキーワードの選び方である。

 

広告単価を下げるためには、もっといろいろなキーワードで出稿することが必要である。以前知り合いのアフィリエイターへ聞いた際には、1商品の出稿をする際に、1万以上のキーワードを選んで出稿していると言っていた。

 

次回、キーワードの選び方について、もう少し紹介してみたいと思う。

 

 

PPC広告 キーワードの選び方のまとめ

  • 御社の商品の特徴を再確認してキーワードを選ぶ
  • キーワードを絞り込むとは、御社の会社名や商材名、サービスを選定することではない。
  • キーワード選びはシーンと悩みを解決する行動で考える。
  • PPC広告のキーワードの単価を下げるためには、複合キーワードの選び方が大切
  • 購入に関わるキーワードが成約率は一番高い

リスティング広告の公式サイトはこちら⇒ヤフー広告の申し込みの公式サイト




あわせてお読み下さい

    None Found

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトのWPテーマ

WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」

女性ブログにおすすめ

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ニュースサイトを作るなら

WordPressテーマ「Opinion (tcd018)」 
ページ上部へ戻る
基礎化粧品