インターネットで広告収入をあげる方法

hands

インターネットで広告をあげる二つの手法について

インターネットで広告収入をあげる方法は大きくわけて二種類あります。

一つはアドセンスなどに代表される広告をクリックされると1クリックにつき広告収入があがるもの。

youtubeなどの広告収入もこれにあたります。

 

二つ目は成果型アフィリエイトに代表されるような、

読者がそのサイトから商品やサービスを購入した際に、収入があがるものです。

 

アドセンスで月間10万円の収入を得るためにクリックは何回必要か

googleアドセンスで10万円の収入を得るためにはクリックは何回必要かということでは

1クリックあたりでいくら収入になるのということになります。

 

私はアドセンスは今までやっていないので、あくまでネットで調べた範囲では

1クリック20円から30円くらいの間という情報が多いようです。

参考: http://keishixx.com/archives/5276

 

つまり、25円とすればひと月に10万円の収入を得るためには

10万円÷25円/クリック=4000回のクリックが必要ということになります。

 

アドセンスのクリック率は一般的には1%と言われています。

 

ということはひと月に4000回クリックされようと思えば

4000回×100=400,000

40万人のPV(ページビュー)が必要になるということです。

40万PVということは、毎日13,000のPVが必要だということです。

 

これはなかなか大変な数字です。

 

成果型アフィリエイトで月間10万円あげるために必要なアクセス数

私は成果型アフィリエイトで毎月10万円以上収入があるサイトは3サイトあります。

そのほかに数万円のサイトがちらほらとあります。

 

ですので、成果型アフィリエイトについてはある程度必要なクリック数は解っています。

WS000002

こちらのサイトはそれらの中の一つのサイトですが

大体毎日UU(ユニークユーザー)が200人くらい、PVが300~400といったところです。

 

月間に直せばPVは9000~12000というとことですが、

このサイトで毎月10万円くらいのアフィリエイト収入があります。

 

アドセンスであれば10万円の収入をあげるために40万PV必要なものが

成果型アフィリエイトであれば、その40分の1で良いということです。

 

これはアドセンスと成果型アフィリエイトで

成果報酬が全く違うということによります。

 

ちなみにこちらのサイトで掲載している広告は

1成果の平均が5000円くらいです。

 

つまり月間で20人の成果があがれば10万円くらいの収益になるということです。

 

成果型アフィリエイトのほうが収入があげやすいのか?

「成果型アフィリエイトのほうが収入があげやすいのか」ということになりますが

必ずしもそうではありません。

 

私は10万円収入をあげられるサイトを3つ持っていますが

これらのサイトを作るためには、その30倍くらいのサイトやブログを作っています。

 

いろいろなタイトルでサイトやブログを作って

毎日アクセスや検索順位の推移を観察し

「これは行けそうだ」と感じたものにいろいろなキーワードでページを作って

内部リンクを充実させ、成果をあげるページへ誘導したりしながら

ようやく成果をあげられるサイトができているということです。

 

これらのサイトは少ないもので300ページ

多いものであれば500ページ以上あります。

 

広告収入をあげるために必要なこと

アドセンスにしろ成果型アフィリエイトにしろ、広告収入をあげるために必要なことは

ブランディングや独自性だと思っています。

 

インターネットにはいろいろな情報があふれています。

 

以前はどのいいかげんなサイトも多かったですが

最近ではコンテンツの充実したサイトも多いです。

 

それでは読者はどのようにしてそのサイトや動画へ来るのか

どうしてそのサイトから商品を購入したりサービスを申し込んだりするのか

ということを考える必要があります。

 

これにもっとも大切なことはブランディングや独自性ということだと思います。

 

「この記事どこかで読んだなぁ」とか「この動画、似たのがどこかにあった」

というのでは、そこから成果は上がらないのです。

 

Youtubeの動画にもとめられること

Youtubeでの広告収入が取りざたされ私の家内でさえ「youtubeやってみようかな」と言っています。

 

ですが、電子教材などで「YOUTUBEでの稼ぎ方」や「簡単にYoutubeで〇十万円」みたいな情報がまん延し

それを真に受けた人たちが全く内容にない動画をアップしたことで

今後はおそらくYoutubeにおいても独自性のないものについては

何らかのペナルティーが与えられるだろうということは

簡単に想像ができます。

 

では、「独自性がある動画だからそれでいいか」ということでもないと思います。

 

その動画の見る先には「読者」がいることを常に意識することが必要です。

 

以前Youtubeについて調べたときにYoutubeの動画を見つづける時間の殆どは

5分程度ではなかったかと思います。

 

長時間見せ続けるための動画であるためには

よほどのインパクトがあり

しかも読者を引き付ける内容のある動画である必要があるだろうと思います。

 

独自性のある動画や記事をどのように拡散するか

一方ではその動画を拡散する手法も必要だろうと思います。

 

何かの悩みを解決したいと思っている人の背中を押してあげたいのであれば

まずそれらの悩みを持っている人が共感するブログやツイッターやFBなどで

自分のブランディング化を図り、そこから動画へ誘導し

口コミで動画を拡散していくという方法が必要だと思います。

 

そのためには、ブログやサイトで同じ悩みの人が共感できるようなキーワードを選定し

それらの様々なキーワードでページを作成し

そのブログやサイトのファンを作り

それらの人へ動画をみてもらいながら共感をできる人にツイッター等で拡散していくという手法が必要でしょう。

 

当サイトがお手伝いできること

そのような考えにたったとき、当サイトでお手伝いできることは二つあります。

一つはそのテーマに沿ったサイトを制作し、ファンを増やし、動画へ誘導させること。

もう一つはツイッターを使った記事や動画の拡散です。

 

当サイトもボランティアではありませんので、

動画とは違う切り口で広告収入をあげる方法を模索いたします。

 

そのような連携であればお互いにメリットのある

協調ができるのではないかと思います。

あわせてお読み下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトのWPテーマ

WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」

女性ブログにおすすめ

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ニュースサイトを作るなら

WordPressテーマ「Opinion (tcd018)」 
ページ上部へ戻る
基礎化粧品