テキストリンクと画像リンク どちら誘導しやすか

テキストリンクと画像リンク

今回たまたま「wa-track.com」というキーワードで投稿直後のインデックスされ、投稿して5分後に検索一位に表示する機会を得た。
関連記事⇒wa-track.comとは? 解決法は?

このwa-track.comと言う症状は、いきなりこのような画面が表示され、サイトの中身が何も見えなくなった症状である。↓↓↓WS000001

日曜日の朝にいきなりこの症状が出た時は慌てふためいた。なんといっても主な収益をあげている3っつのサイトがすべて見えなくなったのであるから。とにかくいたるところを探し回ったが、原因も見当たらない。wa-track.comという言葉ですら見つからない。自分でできる対策をいろいろとやってみたが改善されない。そんなときyahooの知恵袋へ同様の悩みと、解決策が紹介されていたので、その方法に従ったところ、たちまちのところ改善されたというわけである。

 

そこで、きっと皆困っているに違いないと思い、解決策について紹介するページを作成し、アップしたところアップして5分後のは検索1位に表示され、その結果1日で1500に迫るページビューのアクセスがあった。

 

WS000003

 

折角のアクセスがあったので、ある実験を試みた。その実験とは「広告へ誘導する場合、画像バナーリンクとテキストリンクのどちらが効果的か」という実験である。

 

テキストリンクのほうが画像リンクより効果的という結論

この実験は画像リンクとテキストリンクをそれぞれ設置して、どのくらいの誘導ページへアクセス誘導ができるか調べたものである。まず最初に以下のような画像リンクを張ってみた。

代理店ビジネス

005

私が取り組もうとしてる、他のビジネスへの誘導を試みたものである。

次に以下のようなテキストリンクを張ってみた。

今回のwa-track.comの件で感じたこと

このような訳の分からないことが起こるからネットを使ったビジネスは怖い。今回は特に攻撃を受けたわけではなかったからよいが、いつサイトが乗っ取られたり、ウィルスに感染したりするか、またGoogle神の怒りに触れてサイトが飛んでいくか、いつも半分おびえながらというビジネスは、本来はあり得ないビジネスモデルだろうと思う。毎月100万稼げているうちはいいが、これが一挙になくなったらと思うと、毎日ビクビクである。

 

そんなこともあり、ネットとは違う新しいビジネスについて検討をしている。まだアメリカから入ってきて間が無く、これから広がる予感を強く感じているビジネスである。稼げている今のうちに、次の手を考えておこうと思って検討中のビジネスである。折角こちらのサイトに訪問頂いたのも何かの縁であろうから、紹介しておこうと思う。可能性は大いに感じているビジネスだ。

私が取り組むのであれば今が絶好のチャンスと感じているビジネス

 

その結果、あきらかに誘導のしやすさに差が見られた。

 

最初の画像リンクは初日に張って反応を見たものであるが、438人のユニークユーザーに対して誘導できたのはたった1人であった。そのパーセンテージは約0.2%である。

 

これに対して翌日はテキストリンクを張ってみた。その日のユニークユーザーの数は974人。その中で誘導できたのは、43人 4.4%である。

 

その差はなんと20倍。ただ、その時の訪問者の心境「wa-track.comなんてものでサイトが乗っ取られたどうしよう」という状況の中で、上のような画像がはっていても、「うるさい。こっちは早くサイトを治したいんだ」という心境かもしれないし、下の文章のほうがなんとなくスムーズに誘導はできるような文章にはなっているような気がする。確かにそのあたりの違いはあるのであるが、それにしても随分と大きな差が出たと感じている。

 

このページのまとめ

画像リンクを張ることは、そこで警戒心を生む要因の一つになる。記事と関係のない不特定多数へアピールする広告で、「誰か誘導できればいい」という意味合いで魅力的な画像リンクを張るのはそれなりの効果を生むかもしれないが、記事からスムーズに誘導したいのであれば、テキストリンクのほうが遥かに効果的である。

あわせてお読み下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトのWPテーマ

WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」

女性ブログにおすすめ

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

ニュースサイトを作るなら

WordPressテーマ「Opinion (tcd018)」 
ページ上部へ戻る
基礎化粧品